卵子提供とは卵子を提供する第三者から卵子を提供してもらって夫婦のうち男性の方の精子と提供してもらった卵子で体外受精を行って、夫婦のうち女性の体内に移植して妊娠して出産する事が目的の不妊治療です。代理出産と違って不妊治療を行っている女性自身が妊娠して出産する方法で、生まれてくる子供は戸籍上は二人の子供となります。
卵子提供プログラムを利用する人は増えています。先天的に卵巣に問題があったり病気によって卵巣を摘出した事で妊娠できない場合は自然妊娠はできません。それでも子供が欲しいという希望する夫婦は多く、自然に妊娠が難しい人でも妊娠できる卵子提供を受ける人が増えています。
卵巣に問題がない人でも社会全体が晩婚化していくにつれて妊娠適齢期を過ぎた後に妊娠を希望する人も多くいます。しかし適齢期を過ぎると簡単に自然妊娠できないケースも多く、卵子提供による妊娠を選択する人も少なくありません。

卵子提供を受ける条件

日本国内で卵子提供を受けるにはJISARTという不妊治療専門クリニックの団体が作成したガイドラインに適応しないといけません。条件は50歳未満で早発性卵巣機能不全と夫婦で6回以上の体外受精を行ったが妊娠できなったという二つの条件です。国内では50未満となっているので、加齢が原因による卵子提供は受けられません。
海外では国内とは規定が変わってくるので、各国の不妊治療の団体や代理店を通して卵子提供を受ける事ができます。その為海外で受ける場合は加齢が原因の不妊であっても卵子提供を受ける事が可能です。

若く健康な女性から卵子提供を受ければ、排卵がない女性や高齢女性でも妊娠をすることができる可能性が生まれます。