薄毛の最先端治療とは

薄毛と言えば、男性だけではなく女性にとっても悩ましいものです。今回、薄毛の最先端の治療法について紹介していきます。薄毛を改善するためにどのような治療法を選ぶのがいいのでしょうか。

HARG療法について

HARG療法は、根本的に髪の毛を増やすために行う治療です。幹細胞と呼ばれる細胞から、脂肪由来幹細胞たんぱく質という成長因子を取り出し、頭皮に直接注入していく再生医療となります。HARG療法は自分の細胞を活性化させることで発毛を促す治療法のため、自分の身体が持つ力を引き出すことができます。

SMP療法とはどんな治療か

SMP療法とは、専門的に開発された針とインクで頭皮に色を着け薄毛を目立たなくすることができます。薄くなっている頭皮に色を着けることで髪の毛がボリュームアップしたように見せることができます。SMP療法は根本的な薄毛の治療にはなりませんが、より自然に髪の毛を増やすことができます。

毛髪再生メソセラピーとは

毛髪再生メソセラピーとは、毛乳頭や毛包の細胞を活性化させ、髪の毛が強く太く育つようにする治療法です。毛髪再生メソセラピーはHARG療法と同じような発毛効果が期待できます。さらに、発毛効果や育毛効果が長期間持続するというのも毛髪再生メソセラピーの特徴です。

グロースファクター再生療法とは

グロースファクター再生療法とはアンチエイジング治療にも利用される方法で、成長因子を注入したり内服することによって、髪の毛が生えてくることを目的としています。 HARG療法に比べると成長因子の種類も多く値段も比較的安く済むことが特徴です。

agaの治療は薄毛の治療のことで、年代を問わず、多くの男性が発毛を目指して受けている施術のひとつです。