玄関などの人の出入りが激しい場所!

まずは家族全員が出かける際に利用するだけでなく、来客などの家族以外も目にする機会の多い「玄関」です。玄関の照明が明るいと家全体の雰囲気が明るく感じるといった理由ももちろんありますが、人の出入りが激しい場所の照明をLEDに替えるメリットはそれだけではありません。LEDの光には紫外線があまり含まれていないため、紫外線に反応して寄ってくる害虫を屋内に寄せ付けにくいという効果に期待ができるのです。玄関はもっとも屋内に虫を入れてしまう可能性の高い場所になりますので、紫外線を含む白熱電球よりLEDの方が良いといえるでしょう。

美術品やフィギュアのコレクション棚!

こちらも紫外線に関係してきますが、大切な美術品やフィギュアなどのコレクションに紫外線をあて続けてしまうと変色や日焼けをしてしまいます。したがって、コレクション棚の照明や付近にある照明器具はLEDに交換しておいた方が大切な品にダメージを与えてしまうことなく、長期間元のコンディションを維持することができるでしょう。

廊下や階段などの誘導灯!

リビングルームなどの家族がよく使う部屋の照明からLED化を進めていく人は多いですが、災害などの非常時に効果を発揮する廊下・会談の誘導灯を優先的にLEDに交換しておくべきだといえます。LEDは白熱電球や蛍光灯と比較すると衝撃に強い構造になっているため、緊急時に通路の照明が点灯しないといったリスクを軽減することが可能です。また、つけっぱなしにしてしまいがちな廊下や階段の電気をLEDに交換しておくことは、長期的な目で見ると電気代の節約にもつながります。

長寿命で発色もきれいなLEDですが、近年低価格化が進み、お手頃価格で購入できるようになってきています。それに伴い、夜間の広告看板としてLEDライトパネルが人気を集めてきています。